白髪染めを使用する際の注意点!

市販の白髪染めをご自分でされる場合は幾つか注意点があります。
安全かつ綺麗に白髪を染める為にも、付属の説明書はしっかりと確認しましょう。

必ずパッチテストをしましょう

肌の弱い方は白髪染めの薬剤でかぶれて痒みが出る場合もありますので、必ず説明書を確認して毎回必ずパッチテストを行いましょう。
またパッチテストは48時間置く必要がありますので、2日前までに行い万が一痒みや、水泡など肌に異常が現れた場合は、必ず皮膚科の診断を受けましょう。

薬剤が付いても大丈夫な服装で使用しましょう

白髪染めの薬剤は、身体についた場合入浴を繰り返すとどんどん薄くなりますが、衣類や床などに液が付いてしまうと綺麗に落とすのは困難です。
その為白髪染めを使用する際は使い捨てのケープや、汚れても良いタオルなどを使用したり床には新聞紙やビニールなどを敷いておくと安心です。

もちろん衣類は染料がついても平気なものを身に着け、それから新聞紙を床に敷いてから、白髪染めを始めましょう!

染める時は室温に注意しましょう

白髪染めの薬剤は、室温に左右されます。
室温が高い場合早く染まり、低い場合は染まるまでに時間がかかります。
大体20℃から30℃くらいの室温で使用するようにすると、より綺麗に仕上がります。

自分の髪質に合わせてカラーを選ぼう

白髪染めは髪質によって、色の入り方も違ってきます。
柔らかめの髪質の方や、パーマがかかりやすい方は明るめの薬剤を選ぶ場合は希望している色味を、また暗めの薬剤を選ぶ場合は、ワントーン明るくすると良いでしょう。
反対に硬い髪質の方、パーマがかかりにくい方は、明るめの薬剤を選ぶ場合は希望のカラーよりもワントーン明るいものを、また暗めの薬剤を選ぶ場合はご希望のカラーを選ぶと良いでしょう。

染めたい場所に適量を塗布しましょう

白髪染めは染めたい部分や、白髪の目立つ部分を中心にしっかりと薬剤を塗布しましょう。
特に白髪が多い部分や、フェイスラインは染まりにくいので、先に薬剤を塗布するとムラなく染まりやすくなります。
また放置時間は説明書に沿って守りましょう。

白髪対策は結局のところどうすればいいのか?

髪の毛の老化現象として挙げられるのが白髪ではないでしょうか。その他にも髪が細くなったり、頭皮の乾燥なども老化現象として挙げられます。だんだん新陳代謝が悪くなるので髪の毛が伸びるスピードも遅くなり、全体的に薄く見えるのです。年を重ねるにつれて髪の毛の色素細胞の能力が衰えるために、白髪になりやすくなります。白髪対策のためには、加齢を遅らせたり、紫外線を防止したり、乾燥を防いだりする必要が出てくるのです。仮に白髪が生えてきたのであれば白髪染めなどでうまい具合に隠すことができればいいです。

生活を見直すだけで髪の毛の老化を防ぐことが可能

髪の毛が老化することが白髪につながるというのであれば、きちんと生活を見直すことはすごく大切です。完全に老化を止めることは難しいかも知れませんが、老化の進み具合を遅らせるということはできますので、出来ることから始めてみましょう。

一つ目は夜更かしをしないということです。体の機能がリセットされる時間として、特に22時から翌2時までの間に睡眠をとるといいということが言われています。夜更かしをすると生活のリズムが崩れたりしますので、気をつけるようにしましょう。

二つ目は食事に気を遣うことです。体に悪いものばかりを食べていたら残念ながら髪の毛にとっても悪影響を及ぼします。特に良質のたんぱく質やビタミンA、ビタミンEなどを積極的に摂取するようにすると髪の毛に良かったりします。

髪の毛と頭皮に優しい生活を行う

年を重ねるにつれて髪の毛と頭皮に無頓着な生活をしているとどんどん老化していき、残念ながら白髪になってしまいます。シャンプーに関しては髪の毛にいい成分を使ったり、頭皮マッサージを行ったり、優しくブラッシングをしたりなど髪の毛と頭皮に気を遣った生活をしてみましょう。

3大老化原因をなるべく排除する

髪の毛と頭皮の3大老化原因は加齢と紫外線、乾燥です。加齢については妨げることはできませんが、進行を遅らせることはできるでしょう。紫外線と乾燥についてはなるべく排除する必要があります。紫外線であれば帽子やスカーフ、日焼け止めを使用することで、乾燥については適切なシャンプーなどの利用などで防ぐようにしましょう。

白髪対策をきちんとやることが大切

白髪対策を行うには加齢と紫外線、乾燥の老化原因を防ぐことが大切です。加齢を遅らせるためには生活を見直したり、髪の毛や頭皮に優しい生活を送る必要があるでしょう。紫外線と乾燥はなるべく排除する方向でいることが大切です。

更新情報