頭皮を紫外線から守る

髪や頭皮にとって紫外線の影響は深刻になります。紫外線が頭皮の色素幹細胞に悪影響を与えて、そのDNAを損傷させるわけです。それによって白髪が生えやすくなるという影響があります。髪の毛自体には紫外線を防ぐ役割があるわけですが、それによって完全に頭皮への紫外線が防げるかというとそうではありません。白髪染めを使用しないように白髪を防ぐためには、紫外線から頭皮を守る必要があります。

紫外線が強い時間帯の外出を控える

可能なのであれば紫外線が強い時間帯である10時から15時までは外出をしないのが一番いいです。紫外線さえ浴びなければ髪の毛並びに頭皮に被害が及ぶということはないわけですから、外出しないというのは効果的な方法です。

帽子や日傘で頭部を守る

紫外線が強い時間帯にどうしても外出しなければいけないケースもありますので、そういう時は帽子や日傘でしっかりと頭部をガードするようにします。頭部をしっかりとガードすることができたら紫外線を受けるというシチュエーションは少なくなります。

柔らかい頭皮環境にする

紫外線から守る方法として潤いある柔らかい頭皮環境にしておくことは重要です。白髪染めを使っているのであれば、髪の毛や頭皮に優しい成分のものをしっかりと使うようにしましょう。

紫外線から頭皮をガードするように心掛ける

紫外線は白髪が発生させる要因の一つですので、上記の対策を参考にしてしっかりと紫外線から守るようにします。

白髪染め トリートメント 使用頻度 TOPへ